読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mikiの日記帳。

自営業者mikiの日々をただ綴る日記・雑記帳です。

悩みは人それぞれ。

 

12月21日(水)晴れ。

 

暑い。今日は暑い。朝業務を10:00に引き上げ、その足でさいたま市

宮原駅へ。

 

今日はさいたま市「ほっとスペースポプラ代表子育てママ応援カウンセラー」野原あゆみさんのルームへ。以前お願いをしていた子育て真っ最中のママにいろいろな悩みをインタビューする。

 

実は私が野原さんのWEBサイトを手がけており、これから新しいブログを立ち上げる際の参考リサーチにするため。

 

野原さんのルームへ伺う途中、宮原駅からルームまでの行き方の写真を撮影しながら向かう。途中コンビニでおにぎり2つ購入し食べながら。

 

なんだかんだで10分ほど遅れ、野原さんのルームへ到着。さっそくインタビューを開始する。

 

いろいろ話を聴き、ときにはうなずきときには相づちを入れながらインタビューをすすめる。雑談含め、だいたい1時間くらいかな。参考になりそうな貴重なお話を聴け、とりあえずは満足する。

 

しかし子育てっていろいろあるね。100人いたら100通りだし、これだ!っていう答えはないと思う。もしこれが答えだ!と思っている人がいるとしたら、それは柔軟性がなくある意味間違っていると思う。

 

カウンセリングも同じで、これが答えだ!は無い。答えをだすのはあくまでクライアントさんであり、主役でありメインもクライアントさん。

 

カウンセラー側はできる範囲で最高のパフォーマンスを披露するだけで、それを答えにするかはクライアントさんだけが知っている。

 

これは絶対に間違えてはいけないと思っている。たぶん、これからも。

 

インタビューをしながら、どちらかというと子育てそのものよりも、どちらかというとそこに関わってくる大人に大きな問題があるようだ。たぶん、確実にそっちだね。

 

インタビュー後はお礼を言い、謝礼を渡し終了(ちょっぴりですが)。これから野原さんのブログを立ち上げていく際の参考にしようと思う。

 

野原さんとちょっと雑談をして、引き上げる。野原さんにも謝礼をお渡しする。野原さんはかたくなに「受け取れません!」と言っていたが、とりあえず置いてきた。

 

野原さんのサポートをしており、その為のリサーチなのに野原さんに謝礼を渡すのは確かにちょっと変かな?と思った。

 

だけど、声がけして子育てママに来てもらうのもいろいろと大変だったはず。その気持ちに対してのお礼なので、そのまま受け取ってほしい気持ちがあった。

 

宮原駅まで帰り、そのまま電車へ。わが地元までは1時間20分ほどかかるんだね。銀色夏生さんの「つれづれノート④」を読みながら帰る。

 

今日はちんさんはお休みだ。そういえば昼間は大掃除をしていた。大掃除をしている姿を写真に撮ったが、FBに載せるなと言われた。そう言われると載せたい気持ちが沸き上がる。でも止めた。怒られるから。

 

ちんさんと地元の駅で待ち合わせして、ちょっとした贈答ようの贈り物を買う。

カウンセリングルームを提供してくださる三上道代さん(タオさん)へのお歳暮だ。

 

23日にカウンセリングでルームへ行くので、そのときに持っていく。

 

夜は今年初の鍋をした。豚しゃぶしゃぶ。

 

生協で買った肉団子や野菜を入れ、しゃぶしゃぶしながら缶酎ハイや白ワインを飲んだ。〆には鍋用ラーメン一袋。全部で二袋あったが一袋にして正解。お腹がいっぱいになった。