読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mikiの日記帳。

自営業者mikiの日々をただ綴る日記・雑記帳です。

今夜はBCUはちさんの飲み会。

 

12月23日(祝・金)晴れ。

 

今日も暑くなるらしい。朝9:00ちょうど。いまのところ風も穏やか。

 

カウンセリングをしていた思うのだけど、カウンセラーって最後は

「人間観」がものをいうと思う。

 

この考えは2年前くらいに気がついた。

 

たしかに心理学の知識や理論、カウンセリング手法や実技的なものはものすごく大切。

それは間違いではない。

 

でも、最後の最後はカウンセラーの持っている「人間観」にクライアントは癒されて、

なにかを気づき、この世界を歩いていけるのではないだろうか。

 

カウンセラーとしてのスキルはもう、本当に大切だと思う。だけど、そこだけに

集中してしまうと、いつのまにか主役でありメインが「カウンセリング」という技術になってしまうな、と思う。

 

カウンセリングって最終的に裸のぶつかり合いだと感じる。理論や知識は防具であって、スキルや技術は剣のようなもの。

 

最初はそれらをセットして真正面から見据えるのだけど、最後のほうはそれらを外し、脱ぎ、まっさらな「人間観」で対峙することで、技術や理論では気づくことができない領域に入っていけるのではないだろうか。

 

それともこれは、変な考えなのかな。

 

そもそも、カウンセリングの答えってすべてクライアントが出すものであり、決めるもの。

 

カウンセラー側がいくらベスト!と叫んだところで、クライアントがマイナスと思っていたら、それは一切答えになっていない。

 

思い込みや間違いではないクライアントが決める答えに近づくのが、たぶんカウンセラーの「人間観」なのではないだろうか。

 

なので、いくら勉強してもロープレしても、「人間観」が磨かれないと、うわっ滑りするだけなような気がする。このあたりはどうなんだろうね。これに対する答えをだすことができる人はいないと思う。

 

さて、今日は祝日の金曜日。朝業務もお休みで7:00頃起きる。

 

野原あゆみさんの1/22セミナーの詳細をメールで送り、スケジュール帳とカレンダーにスケジュールを書き込む。今日から27日まで飲む機会が増えるなぁ。

 

今日はあとで来年の手帳とカレンダーを買ってこよう。12:30からSkypeカウンセリングの予定なので、その後がいいかな。

 

ちんさんが11:00過ぎに派遣の仕事にいくので、なんか食べ物でも買ってくるかと一緒に家をでる。

 

駅まで向かう途中、ちんさんの妹(まさみっちー)が、「ひーくん(私)がもっと成功したいなら、着る服装を選ぶべきだよ」と言っていたとか。

 

たしかに私は服装にこだわりがない。着れれば良いと思っているし、さほど興味もない。これは単なる価値観だけど。

 

そんなことを話しながら駅に向かっていたら、「そういえば、FBのマーク・ザッカーバーグもパジャマで偉い人に会っていた」みたいな話題になり、やっぱり成功と服装はあまり関係がないのかも?と思う。

 

最低限の服装は必要だと思うけど、うーん、どうなんでしょうね。

 

まぁでも、来年からは服装のスタイルをちょっと変えていこうかなぁ。靴とかちょっと傷んでいるし。自分はあまり興味がないけど、私を見る人はもしかしたら興味があるかもしれないわけで、それに多少なりとも応えたほうがいいかな?なんて思った。

 

今日は12:30くらいからSkypeカウンセリング。まぁ、ぼちぼちとやりましょう。

 

今回のクライアントのT・Cさんは、パニック障害が大きく改善されたなかのおひとり。

乗り物恐怖が強く、行動するのにとても勇気を必要としているが、その甲斐あって、

とても順調に回復されている。

 

人間にはバイオリズムがあるので調子が上がらない、乗らないこともあるけれど、

それでも前を向いてすすんでいる姿勢には、本当に感動するしスゴイと思う。

 

クライアントは本当に尊敬の対象になるなぁ。

 

夕方18:00から新宿で飲み会。今夜は坂本先生とBCUのはちさんとの飲み会。計3名。

 

はちさんとは初めてお会いしたけど、けっこう濃い方。とはいっても、人に対しての怖さや苦手意識からきている濃さなので、あまり気にならない。

 

個人的に抱えていることがあるようで、自然に話は心理学やこころの仕組みの話しになる。とても興味深く聞いてもらい、自分自身の問題分析?もできたようだ。

 

そのお店には2時間ちょいほどいて、なんでも新大久保で元プロレスラーのキラーカーンのお店があるというので、行ってみることに。新大久保ってけっこうおもしろいかも。

 

夜は賑やかで、なんだか新宿や渋谷、池袋なんかとも違う雰囲気。韓国系のお店が多いからかな?

 

キラーカーンさんはデカイ。でも、ものすごく物腰が柔らかい。プロレスラー時代はあえてヒール(悪役)だったから、本当はこちらの感じが本当なのかも。

 

そこでいただいた生グレープフルールサワーが美味かった!!絞り機?のような万力みたいなものでキラーカーンさんが絞る。それに氷と焼酎をいれただけのものなんだけど、これがやたらと美味い。

 

また来る機会があったらぜひ頼もう。

 

22:40頃撤収。はちさんは残りまだ飲んでいるそうだ。自分と坂本先生だけ先に帰る。1件目、2件目ともにはちさんにおごってもらってしまった。ありがとうございます。

 

どこかでなにかお返しをしないとね。

 

少人数だったけど、なかなか刺激的でおもしろい夜だった。